市松人形

市松人形の「意味合い」

人形のこれまで

日本の人形とは、平安時代に新生児の無病息災を祈る為枕元においた天児や這子と呼ばれるものが原形ではないかといわれ、京都で発祥したものです。

その後、江戸時代になって諸大名が参勤交代の祈りに苗字帯刀を許された人形師達が随行し、その弟子達が各地に人形を普及させました。

さらに、元禄年間には江戸町人文化が発達。幾多の名士の指導のもと多くの職人が技術指導を確立し、雛人形、五月人形、市松人形、風俗人形などを製作。江戸人形の伝統の基礎を築きました。

市松人形の「由来」

当時、爆発的な人気を博した歌舞伎役者「佐野川市松」の若衆姿を再現した人形がこれまで続いている市松人形の由来です。

江戸、徳川吉宗の時代に実在した「佐野川市松」が江戸中村座で演じた「心中万年草」の女形が大変人気となりました。そのときの「佐野川市松」に似せて人形が作られたのが、市松人形の起こりと言われております。

あるいは、その時佐野川が着た紺と白の石畳模様の衣装(市松模様)を着せた人形をそう呼ぶようになったとも言われています。

当時は女性だけでなくお金持ちの大人の男性が、着せ替え人形遊びを楽しむこともあったのだとか。その後は技術が進歩し、関節を持った人形なども作られ、精巧なものになると家一軒ほどもするお値段になったそうです。

「お出迎え人形」としての市松人形

一般的にはお雛様や五月人形はお母さまの実家から贈られるものですが、「可愛い孫のためにせめて何かお祝をしてあげたい」というお父様側のおじい様、おばあ様が「お出迎え人形」と称して市松人形を用意する例が増えてきました。お母様の実家から届くお雛様や五月人形をお出迎えする人形というわけです。

市松人形はお雛様や五月人形と同様にその子に降りかかってくるであろう難を身代わりに受けてくれる身代わり人形とも言われています。初節句には、ぜひお雛様や五月人形と並べて飾ってあげて下さい。

節句の時期が過ぎても、その子の一生を守ってくれるお守りとして願いを込め、年間を通して大切に飾っておきましょう。

「つるし飾り」について

江戸時代から伝わる風習で、友禅で作った縁起ものを竹ひごの輪から赤い糸に下げて節句人形の両脇に吊るします。

最近では、ご親戚やお仲人がマンション・団地住まいの収納スペースが少ないお宅につるし飾などを贈る例も増えてきました。

お近くの店舗を探す/長野市・佐久市・松本市・飯田市・諏訪市・甲府

ページの先頭へ