ひな人形

桃の節句の「ならわし」と「しきたり」

雛人形の「歴史」

雛人形の歴史は古く、今から千年以上前の平安初期。源氏物語の中にも「ひいなの遊び」と呼んで宮中の幼い姫たちの人形遊びが記されています。三月三日あるいは三月上巳(最初の巳の日)にお祓いをした紙や草で作った人形を水に流して送ると、一年間無病息災でいられるという「流し雛」の風習がひな祭りの起こりと言われています。室町時代の末頃から始まった三月三日のひな祭りは、戦国の世を経て平和が訪れた江戸時代に豪華な女の子のための行事となっていきます。寛永六年京都の御所で盛大なひな祭りが行われたのをきっかけに、幕府や大奥でもひな祭りを行うようになり、やがて武士階級から町人へ、江戸から地方へと広まってゆきました。江戸時代の中ごろになると、女の子の誕生を祝って初節句に雛人形を飾る習慣も生まれ、豪華なものも作られるようになってきました。女の子が健やかに、そして可愛らしく育つように、病気や事故なく幸福な人生を過ごせるようにとの願いが込められたひな祭りの行事は連綿と今に伝わっています。

「初節句」とは

赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句を初節句と言って、親戚・知人を招いてお祝します。正式には上巳の節句と言い三月二日の夜を宵節句と呼び、内輪だけでお祝したりもします。現代の桃の節句と呼ぶこともまた同様です。

贈答のしきたり〜母方の実家から孫へ〜

一般的には、お雛様は嫁いだ側の実家から贈られます。最近では、両家で費用を折半したりする場合もあります。ご親戚や、お仲人はケース入りのお人形や、マンション・団地住まいの収納スペースが少ないお宅にはつるし飾などを贈るのもよいと思います。

飾る時期

お雛様は届く日、または飾る日が大切ですので良い日を選んで飾って下さい。よく「婚期が遅れる」から早く買って飾り、三月三日の夜には仕舞わないといけないということを耳にします。けれど、三月三日に仕舞わなければお嫁に行くのが遅くなる…という史実による根拠はありません。

ひな祭りは三月二日・宵節句(宵祭り)、三月三日・本節句(本祭り)、三月四日送り節句(後祭り)といって三日間の祭事日が正しいのです。昔の人は、三月四日をお雛様に別れを告げる日として送り節句と名付けました。こんなところにも、思いやりの心を育んでもらおうとする先人の温かい知恵がうかがえます。ですから、お雛様を仕舞う日は、五日以降から中頃までの天気の良い、良く乾燥した日を選んで下さい。

また、初節句の場合はお正月から飾って頂いても構いません。皆でお祝しましょう。

次女、三女が産まれたら

お子様の成長と幸運を祈るお祝であり、雛人形は赤ちゃんの身替わりとなって厄を受けている事から、基本的にお雛様は一人一人のお守りなのです。母親の雛人形を譲り受けたり、姉妹兼用にするのは、祓った自分の厄を人に押し付けるようなものですから本当はおかしなことなのです。次女、三女の場合にもできれば姉妹平等のひな人形が好ましいですね。

お祝いを頂いたら

通常三月三日の当日、または前の晩、両家の両親やお祝を下さった方、普段親しくしている方を招きます。出席なさらない方へのお祝返しの品は、内祝いとしてお赤飯、お菓子、紅白の角砂糖などが代表的です。一週間以内に直接伺ってお礼を述べるのが礼儀ですが、最近では宅配でお返しをお送りする場合も多いようです。その際は、赤ちゃんの写真とお礼状を添える事もお忘れなく。

お祝いのお料理「ひな料理」

一般的には、はまぐりの潮汁、ちらし寿司、雛あられ、白酒(もしくは甘酒)などです。 はまぐりは、同じ貝殻がふたつとなく、貝殻がぴたりと合うものは必ず一組しかないため、女性の貞操を教える意味で使われます。その他季節柄、貝を多く使ったちらし寿司や、鯛の塩焼き、そしてさざえのつぼ焼きなどの巻貝が願いごとを叶えると言われ、当日のメニューとして相応しいと考えられています。お子様には、よもぎ入りの草餅、雛あられ、白酒(もしくは甘酒)などが相応しいでしょう。

お近くの店舗を探す/長野市・佐久市・松本市・飯田市・諏訪市・甲府

ページの先頭へ