五月人形

五節句のお祝

日本では、季節の移り目の祝祭日のことを節日(せちび・せつび)と言い、
お供え物をしたり行事を行って祝ってきたと言う歴史があります。
この節日の供物「節供(せちく)」という言葉が、節日そのものを指すようになって
「節句」という言葉になったともいわれています。
現在、五節句とは次の五つです。

一月七日 人日〜七草の節供〜

三月三日、五月五日など、同じ数字が並ぶ五節句の中の唯一の例外は、一月七日の人日(じんじつ)の節句。一月一日から行われる様々な新年行事が一段落ついた頃、この日は七草がゆを食べる日として良く知られています。人日とは、文字通り「人の日」の意味。中国の占いの書には、正月一日に鶏、二日に狗、三日に猪、四日に羊、五日に牛、六日に馬、七日に人、八日に穀を占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。ですから、七日の人の日には邪気を祓う為に、七草の入ったおかゆを食べ、一年の無事を祈ったのだとも言われています。七草がゆに入れるのは、いわゆる春の七草(すずしろ、せり、なずな、ごぎょう、はこべ、ほとけのざ、すずな)、初春の野から摘んできた野草の生命力を食して、邪気を祓うということでしょうか。

三月三日 上巳〜桃の節供・雛祭り〜

「上巳(じょうし)」とは、陰暦三月の最初の巳(み)の日のことを指します。古来には川のほとりに男女が集まり、災厄を祓う「上巳の祓い」という行事が行われていました。この上巳の祓いが、後の代には三月三日に行われるようになり、平安時代宮中のお人形遊びが自然に結びつき、今の雛祭りになったといわれています。

五月五日 端午〜菖蒲の節供〜

端午(たんご)の節供は、奈良時代から続く古い行事です。端午と言うのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日と言う意味で、五月に限ったものではありませんでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月五日を指すようになり、やがて五月五日になったと伝えられます。

七月七日 七夕〜星祭り〜

天の川をはさんできらめく牽牛星・織女星の物語。いまから2,000年前にはすでに中国で成立していた伝説だと言われ、機織りに励んだ天井の織女にちなんで、星に技芸の上達を祈る「乞巧奠(きこうでん)」という宮中行事が生まれ、日本へと伝わりました。こうして七月七日の行事である「七夕」は、日本では奈良時代に宮中の行事としてとりおこなわれるようになりました。日本の古事記に記された、天から降り立つ神のために美しい衣を織る棚機女(たなばたつめ)の伝説も中国の織女の伝説と重なるものがあったはずです。

九月九日 重陽〜菊の節供〜

中国では、奇数が縁起の良い陽の数とされ、一番大きな陽の数である9が重なる日を「重陽(ちょうよう)」として節句のひとつとしてきました。古来よりこの日、茱萸(しゅゆ=グミの実のこと)を袋に入れて丘や山に登ったり、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を祓い長命を願うと言う風習がありました。平安時代には、「重陽の節会(せちえ)」として宮中の行事となり、江戸時代には武家の祝日に。その後、明治時代までは庶民の間でもさまざまな行事が行われていたと言います。旧暦の九月九日というと現代では十月当たり、ちょうど田畑の収穫も行われる頃、農村や庶民の間では栗の節句とも呼ばれて栗ご飯等で節句を祝ったということです。

お子様のお祝い事

お七夜(出産から7日目)

出産の日を入れ七日目に両家のご両親などを呼んで、名前をつける命名式とお祝の膳を囲むお祝を行います。赤ちゃんにとっては初めての慶事となる記念すべき日です。

お宮参り(生後一ヶ月前後)

赤ちゃんが初めて神社にお詣りして、神様のご加護のもと無事に誕生したことを感謝し、赤ちゃんの成長と健康を祈ります。慣習としては、赤ちゃんは母方から贈られた晴れ着を着て、おばあちゃんに抱かれ両親と共にお参りします。神社では参拝だけでも良いのですが、丁寧にする場合はお祓いを受けます。

お食い初め(生後100日目または120日目)

「一生食べ物に困らないように」と親の願いを込めて、祝い膳を囲み、赤ちゃんに食べさせる真似をする行事です。食器は新しいものをそろえます。お食い初め式は、一般的に男の子は全部朱塗り、女の子は黒内朱塗りのものを使います。祝い膳は一汁三菜を基本に、赤飯、鯛か鯉の身の汁、尾頭付き鯛などの焼き魚、煮物、香の物などです。

初正月(生後初めて迎えるお正月)

初正月は文字通り、赤ちゃんが初めて迎えるお正月。赤ちゃんの邪気を祓って健やかな成長を祈ると言う願いを込め、羽子板や破魔弓を飾ります。

初節句(生後初めて迎える節句)

赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句と言い、女の子は三月三日の桃の節句、男の子は五月五日の端午の節句が初節句です。

餅負い(満一歳の祝い)

誕生日に祝い餅をついて、負わせる儀式です。日本人にとって神聖と考えられていた餅を使い、「力餅の祝い」「立ち餅の祝い」としてお祝をします。

七五三・十三参り

男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳。平安時代に始まった、髪置(かみおき)の儀、着袴(ちゃっこ)の儀、帯解(おびとき)の儀がもとになっています。現在のように一般化したのは、明治以降のことです。昔からの風習では数え年で祝うのがしきたりですが、現在では満年齢で祝うケースが多く、どちらでもかまいません。

「十三参り」とは、十三歳になった女の子が虚空蔵菩薩の御誓願にあやかるため、その御縁日に智福の授与を祈ってお参りするゆかしい行事です。

お近くの店舗を探す/長野市・佐久市・松本市・飯田市・諏訪市・甲府

ページの先頭へ